【ライブデビューしたい人必見】ライブハウス出演の様子/流れをレポート

どーも、ヒルマンです!

いきなり回想に入りますが、僕のライブデビューは中学3年生の時の学校祭ステージでした。

その頃はベーシストだったんですが、ガッチガチに緊張しながら(それこそ震えるくらい)ラルクの曲なんかを演奏した記憶があります笑

 

まだライブ未経験のギタリストにとって、「ライブ演奏」をすることは未知の世界だと思います。

世の中のミュージシャンも昔は絶対にライブ未経験時代がありますし、実際に僕もそうだったので気持ちはわかります!

どんなところだろう?という好奇心やステージに上がることへの不安感などなど…

 

そこで今回は先日僕が出演したライブの様子をレポートしてみたいと思います。

ライブの流れや様子がわかるので、「ライブハウスってこんな感じなんだ!」とぜひ参考にしていただければ嬉しいです!

 

それでは行ってみましょう!

 

プロローグ

まず、ライブに出演するためには知り合いのバンドから企画ライブとして誘ってもらうか、自分でライブハウスやライブバーに出演交渉をするところから始まります。

今回のこのブログでは、主に出演の流れなどを紹介していくつもりなので出演決定のプロセスはちょっと触り程度で…(スミマセン)

でも、ポイントとして

・知り合いのバンドに「○月○日にライブ企画してるんだけど、出てみない?」と誘ってもらう。

・自らライブハウスにデモテープや演奏動画を見てもらい、ライブ出演交渉をする。

というのがライブ出演するための主な手順なので覚えておいてください。

 

第一幕

リハーサル(練習)

ソロで出演する場合は家やカラオケでも練習できるでしょうが、バンドだとそうもいきません。

そこで、リハーサルスタジオに入って練習や打ち合わせを行います。

曲を合わせ、変な場所はないか、アレンジで見直す箇所はないかなどを演奏しながら見ていきます。

ライブする際の演奏時間は「30分」や「40分」などあらかじめ決められているので、実際に演奏する曲順で合わせてみてその時間に収まるかどうかも含め確認します。

バンドメンバーがお客さんに向かって挨拶や自己紹介をするMCもきちんと入れながらリハーサルをしましょう!




第二幕

ライブ当日

ライブ出演者には前もって「入り時間」つまりライブハウスに来る時間が伝えられているはずなので、遅れずに向かいます。

スタッフの方や他の出演者に会ったら必ず「今日はよろしくお願いします!」と挨拶しましょう!

荷物はひとまず、楽屋に置きます。

先日出演した際の楽屋はこんな感じでした。

そして、リハの時間になったらいよいよステージに向かいます!

リハーサル(本番前の音合わせ)

当日のリハーサルでは以前のスタジオ練習とは違い、短い時間しか与えられていません(15〜20分とか)。

なので、あらかじめ合わせる曲を決めたりして時間を無駄にしないようにしましょう。

 

以下が主な本番前リハの流れです。

・PAのスタッフの方がメンバーそれぞれの音を確認していく。

※PAスタッフ:音響スタッフのことで会場の音を調節しています。

ギターは曲中に出てくるフレーズなどを弾き、エフェクターを使うならそのエフェクターを踏んだ音を出していきます。

・バンドで曲を演奏し、互いの音がきちんと聞こえるかを確認。

PAの方に「ボーカルの音をもう少しください」とか逆に「自分(ギター)の返しを下げてください」などと伝え、ステージ上で聞こえる音を演奏しやすいように調整していきます。

 

このような流れで本番前のリハは終了です。

最後に自分の繋いだアンプの設定はスマホのカメラで撮っておくなどして、本番の時も同じセッティングにできるようにしましょう!




第三幕

他の出演者の演奏を観て勉強

これは大事です。

バンド全体の演奏やパフォーマンスを見るのもよし。

ギタリストの演奏やエフェクターの使い方を見るのもよし。

勉強するべきことは沢山あります!

いよいよ自分の本番!

 

一番奥に写っているのが僕です笑

いざ、本番! 楽しみましょう!

 

初めてライブをする方や、まだライブ演奏に慣れていない人は緊張するでしょう。

とんでもないほどの不安や緊張に襲われることでしょう。

でも、大丈夫です。長年音楽をやってきている僕も緊張しますよ笑

ベテランでもみんな少なからず緊張はするものなんです!

失敗したとしても、その失敗は必ず次につながります。

ステージにいる間は演奏に集中し、反省はステージを降りた後にすればOK!

なので、少しでもいいから演奏を楽しめるように気持ちを切り替えてみてください♪

 

あ、あとはできれば自分の演奏をレコーダーで録音したり、動画に撮っておきましょう!

あとで客観的に聴くことで改善点が見えてきます。

エピローグ

ライブ終了!お疲れ様でした!

録音したライブ音源を聴いてメンバーと反省したり、「ここは良かったね〜」とか話してみましょう。

他の出演者やお客さんに自分たちの感想を聞くのもいいですね!

 

ライブ後は打ち上げが企画されていることも多いので、参加してみてください。

楽しいですよ笑

 

あと、忘れないで欲しいのはライブハウスのスタッフの皆さんに「ありがとうございました。お疲れさまです。」ときちんと挨拶してください!

ライブハウスのスタッフの方なしにライブは成立しませんからね!感謝!!

 

 

 

以上、今回はライブハウスに出演する様子をレポートしてみました。

少しは雰囲気つかめたでしょうか??

ライブは自分の経験値を一気に上げてくれるメタルスライムやはぐれメタルのような存在なので、まだライブをしたことのない方はぜひ実践検討してみてください!

 

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ではでは、ヒルマンでした〜!!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です