【必須】クリップチューナーの選び方やオススメを紹介

どーも、ヒルマンです!

今や定番となったクリップ型チューナーですが、皆さん何を使っていますか?

なぜ定番になったかというと、それは超簡単、お手軽にチューニングが出来るからです!

ギターを弾くにもまずはチューニングから!

一家に一台はなければいけないような正に必需品と言えます。

これからギターを始めるという方は、どのクリップチューナーを選べばいいか迷ってしまうと思うので是非参考にしてみてください!

 

それでは行ってみましょう!

 

1. そもそもクリップチューナーとは?

僕の使用しているクリップチューナーは上で使用している画像のものと同型です。

こんな風にギターのヘッドに挟み込んで使用します。

弦を弾いた時の音程を感知してディスプレイに音名が表示されるので、決まった音程までギターのペグを回して調整していくという流れでチューニングします。

メーカーや値段帯によって、デザインやディスプレイ表示、反応や精度が変わってくるのでコスパの良いものを最初に選んでおきたいですよね!




2. 値段帯と個人的意見

お値段、これが実際皆さんが一番気になるところかもしれません。

安いクリップチューナーで数百円から。

高いクリップチューナーでは1万円弱のものまで。

けっこう値段の差がありますね!

 

結論から言うと、数百円ほどのチューナーはオススメできません。

なぜなら、耐久性と音への反応や精度があまり良くないからです。

僕も以前、数百円のものを買って使ったみたことがあるんですが、弦を弾いても感知して反応するまでにかなりの時間(体感として10秒未満だと思いますが)がかかったりクリップ部分のパーツが弱く結果買い換えてしまいました。

これからギターを始めようとしている方にはクリップチューナーは1000円以上、できれば2000円前後のものをオススメします。

初めからケチらずにチューナーを選ぶことでなるべく長く使えて、音の感知スピードがある程度早くてストレスになりにくいですよ!

 

高級チューナーは何が違うの?

値段が数百円のチューナーのデメリットについては上記で説明しました。

では、お値段4〜5千円以上のチューナーともなると何が違うのか?

 

主な答えは以下です。

・耐久性が高い:1〜2千円のチューナーはバネ部分のみ等なるべく金属パーツを使わないように設計されているが、高級チューナーは可動部分にきちんとネジが使用されていたり頑丈。

・ディスプレイが視認しやすい:画面素材も高品位なものが使われている傾向があります。

・音程の精度/感知力、反応性が高い:上記がっちりとしたパーツが使われていること等もあり、音の振動を感知しやすい。

・+αの機能搭載:ギターの6弦全部を同時に弾いて、どの弦がずれているのかを視認できる機能がついたモデルもあります。また、最近ではテンポ検出機能がついたモデルもあるようです(スゴい…)。

↓こちらは6弦全部弾いてどの弦がずれているか確認出来る「ポリフォニック・チューナー」TC Electronic Polytune Clip(サウンドハウスさんリンクになってます)

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / PolyTune Clip クリップチューナー

これらの機能が欲しかったり、より快適に末長く使用をしたいという方は最初奮発して高級クリップチューナーを購入しても良いと思います。

高級と言っても上記Polytune Clipでも5千円ほど(サウンドハウス価格)ですしね!

 

3. オススメのクリップチューナー3つ

①Korg AW 4G BK

KORG ( コルグ ) / AW-4G-BK PitchCrow

僕が使っているコルグ製チューナーです。

一度紛失してしまったので、現在2台目ですが数年使えております。

大概どの楽器屋さんにも置いてるので手に入れやすいのが最大の魅力。

さらに、音程の感知力も±0.1セント以内ということで高級機にも匹敵するスペックです!

ディスプレイも見やすく非常に使いやすいですよ♪

リアル楽器屋さんでは2千円前後ですが、サウンドハウスさん(上の画像リンク)なら2019年5月現在1600円ほど。

↓Amazonだと2000円のようです。

KORG クリップ式チューナー ギター/ベース用 Pitch Crow-G AW-4G-BK ブラック

送料のことも考えるとAmazon購入でもいいかもしれませんね。

 

②BOSS TU-10

BOSS ( ボス ) / TU-10-BK

ギターやベースをやっていれば、ほとんどの人が知っているであろう信頼のメーカーBOSS。

そのBOSS製のクリップチューナーです。

もちろんメーカーの信頼性もあるんですが、なぜオススメかというと僕がいつもサポートしている笹木勇一郎さんというシンガーソングライターの方が使っていて、借りて使用したこともあるからです。

※余談ですが笹木勇一郎さんはビクターからメジャーでCDも出しているので、もし興味のある方はチェックしてみてください。めちゃくちゃ良い曲だらけです!

反応性やディスプレイの視認性も良く、何より他のチューナーと比べて頑丈さが全然違います!

3千円弱のお値段ですが、耐久性にこだわりのある方はBOSS TU−10オススメです。

 

③TC Electronic UniTune Clip

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / UniTune Clip クリップチューナー

先ほど高級クリップチューナーの説明でPolytune Clipを紹介しましたが、こちらは複数の弦の感知はできない単音弦専用のクリップチューナーです。

でも安心してください、世間一般的には単音の弦の感知しかできないチューナーが主流です。

TC Electronic社は1976年の創業の超老舗であり、僕はペダルチューナーという足元に置いてディスプレイを見て操作するチューナーはこのTC Electronic製の物を使用しているので信頼性バッチリ。

こちらのチューナーの魅力は反応の速さとディスプレイの見易さですね!

僕も次にクリップチューナーを買うときにはこちらを検討しようと思っています。




4. クリップチューナーのメリットとデメリット

メリット

手軽で簡単!

こちらに尽きると思います。

僕が音楽を始めた頃は音叉を使ったり、シールドに差して使うチューナーを使っていたのでクリップチューナーが現れたのは画期的なことでした。

←これが音叉。チーンって鳴らして音を確かめます。

場所を選ばず、簡単に持ち運べてパッとチューニングができるようになったのは本当に便利でいい世の中になったなあ、と思っています笑

値段もそんなに高くないのがいいですね!

 

デメリット

もちろんデメリットもあります。

こちらは詳し目に説明します。

 

・電池の消耗に注意

クリップチューナーは基本電池駆動です。

頻繁に電池を換えなければいけないということはないと思いますが、定期的に電池代が必要。

さらに知らず知らずのうちに電池が切れていた、ということがないように注意が必要です。

 

・音感は別途鍛えなければならない

上でも書きましたが、僕の中学生時代あたりまでは音叉でチューニングしていたりしました。

音叉を叩いて鳴らした音を聞いて自分の耳を頼りにチューニングするため、音感が多少鍛えられていたと思います。

クリップチューナーを利用すると、音よりディスプレイに意識が向くので音感を鍛えることは難しい。

簡単で便利な方法を使うのは僕も賛成ですが、別途イヤートレーニング(音感練習)は考える必要があります。

 

・周りの音がうるさいと音が感知されにくい

家やアコースティックのライブなど静か目の場所で使うときはそこまで問題になりませんが、バンド系のライブをする際などベースやドラムの音が周りでなっていると音をなかなか拾ってくれない傾向にあります。

そんな時にはクリップチューナーではなく、ペダルチューナー使用を検討しましょう。

ペダルチューナーを使うとチューニング中は弦から出ている音を消してくれたりするので、そのミュート機能も非常に便利です。

MCしながらチューニングするなら場も持ちますが、無言で弦を「ボーン、ボーン」と鳴らしてチューニングしているのは気まずいですし間抜けに見えてしまいますからね…汗

KORG ( コルグ ) / Pitchblack Advance PB-AD

↑ペダル型チューナーとはこんな感じのものです。かっこいい!

 

 

 

以上、今回はクリップチューナーについてオススメやメリット/デメリットについてお話ししました。

いかがだったでしょうか!

ギターを弾くのにもまずはチューニング!

本当に重要なものなので是非参考にしていただければと思います。

 

ではでは、ヒルマンでした〜!!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です