【初心者必見】超簡単!ストロークの感覚をつかむには「テーブラ」法

どーも、ヒルマンです!

ギターを始めたばかりの頃はコードをかき鳴らす時、ピックを持つ腕(右利きだったら右腕)の振り方に違和感や間違った方法になっていないか不安になることはないですか?

変なフォームになっていた場合は

・異常な腕の疲れやだるさ

・手首やヒジ、肩の痛み

が発生し正直、良いことはありません…

 

もし、あなたが自分の腕の振り方(ストローク)にイマイチ自信が持てないなら、僕の提唱する

「テーブラ法」

を試してみてほしいと思います!

 

それでは行ってみましょう!

テーブラ法とは

「テーブラ法」とは僕、ヒルマン独自に考えた方式で正しくは

テーブルで手ブラブラ法

を略したものです笑

 

この方法を使うことによって、脱力した状態でどう手首をスナップさせればいいのかがわかるので、腕が異常に疲れてしまったり痛みを感じてしまうような腕の振りを避けることができます。

もう一度言いますが、大事なのは脱力です。

そして、手首のスナップが重要でそんなに腕は大きく振りません。

 

自分自身の経験でも、ピックを変えたりピックを弦に当てる角度を変えたり、色々と奏法を実験的に変化させていく中でついつい余計に力が入ってしまって腕を痛めるといったことは一度や二度ではありません。

力が入った状況から、どうやったらリラックスして脱力でした状態で演奏できるのか?

僕は実際今でも慣れないフレーズが出てきた時には、つい力んでしまうので脱力についても考えながら練習や演奏を行っています。

 

それでは実際のやり方について解説していきます。

 

テーブラ法の実践

用意するもの

必要なのは…

・椅子

・テーブル

・ピック

・(ギター)

 

以上です! 簡単でしょ?笑




手順

①テーブルを前にし椅子に座ります。(テーブルが高ければ立ったままでもできます)

②テーブルにピックを持つ腕のヒジを置きます。

③腕相撲するような形にして脱力してください。

自分から見るとこんな感じです。

④そのまま脱力した状態で手の平をブラブラと揺らします。

ブラブラブラブラ…

ポイントはやっぱりリラックス/脱力です。

⑤今度は腕をブラブラしながら内側に倒していきます。

この方法をやってみて慣れたらピックを持ちながら行いましょう!

↓動画でどんな感じか撮ってみました。後半はピック持ってやってます。

動画の最初、上の方が見切れててすみません汗

 

この腕を自分の内側に倒した状態が、ギターを弾いている時のストロークのイメージです!

「腕の振り」というよりは「手首のスナップ」が大きいということがお分かりいただけたかと思います。

 

もし、今テーブルを目の前にしているなら実際にやってみてください!

どうでしょうか? けっこう簡単ですよね!

ギターを抱えて実践

最後はギターを持って、さっきの手首のスナップを思い出しながらストロークしてみましょう。

決して、テーブルの上で手をブラブラしただけで終わらないでください笑

 

そして、もう一つポイントがあります!

鏡の前でストロークしてみて、フォームを確認してください!

これ、非常に大事です。

 

ちょっと思い出してください。

テーブル上で手をブラブラしていた時に、自分の視点からは

腕が立っている状態では手の親指側が見えていて

腕を内側に倒すと手の甲が見えていた

と思います。

ギターを持った時も自分の視点からは同じく、ピックを持つ手の親指側が見えていて、鏡を見ると手の甲が見えるのでテーブラ法で見たストロークと大きく違っていないか、脱力出来ているかをチェックしてください。

 

ヒジをギターに付けるべきか付けないべきか

この疑問はどうしても出てくると思いますが、お持ちのギターの形にも寄るし、曲のテンポによっても変わってくるので「必ずヒジは付けましょう」とか「ヒジは浮かせましょう」と断言して言えません。

基準は「なるべく脱力して弾けるか」です。

変に力が入らずに弾けるのであれば、ヒジはギターに付けても付けなくてもどちらでもいいですよ♪

ギターにヒジをつけて弾いてみるバージョンと、付けずに浮かせて弾いてみるバージョンどちらも試してみてしっくりくる方を選びましょう!

曲によっても「浮かせた方がこの曲は弾きやすい」とかもあるかと思います。

 

まとめ

最後にテーブラ法のやり方をおさらいします。

①テーブルを前にして座る

②ピックを持つ腕を腕相撲スタンバイ状態にして脱力する

③そのまま手をブラブラさせて内側に倒す

④一連のブラブラ動作をフォームと共に脱力出来ているかチェックする

⑤ギターに持ち替えてテーブラ法と同じイメージで手をブラブラしストロークする

※鏡に向かってフォームもチェック!

 

ギターに持ち替えると、最初はどうしても力が入ってしまうかと思います。

最初の内は仕方ありません!

少しずつ力抜けてリラックスできるように練習していきましょう!

 

 

 

以上、本日はストローク、手首のスナップのイメージをつかむための方法。

その名もテーブラ法をご紹介しました!

まあ、この際名前はどうでもいいので、こちらの方法試してみてギターストロークのコツをつかんでください!!

 

この記事が少しでも役立てばめちゃくちゃ嬉しいです!

ではでは、ヒルマンでした〜!!








 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です