【初心者】タブ譜やコード譜の見方。基本編

どーも、ヒルマンです!

今回はギターを始めて間も無い方が早い段階で見るであろうタブ譜(TAB譜)やコード譜について、見方を説明していきます!

なるべくわかりやすくシンプルに説明していこうと思いますのでヨロシクお願いします!

 

それでは行ってみましょう!




・タブ譜とコード譜

タブ譜は英語では『Tablature(タブレチュア)』と言い、主に弦楽器に用いられます。

上の画像では横線が引かれているものがTAB譜。

もう一つ、CとかGとかCadd9と書かれている『コード(和音の名前)』の上に書かれている表のようなものが『コード譜』と呼ばれます。

このタブコード譜はきちんと覚えておいてください♪

 

TAB譜

上の図をタブ譜の部分だけ拡大してみました。

横の線の本数を数えてみてください。1、2.3…全部で6本ありますね?

そう、ギターは一般的には6本弦のものが多いのでそれぞれの弦を示した横線も6本あるわけです!

図にある通り、下の線から6弦、5弦、4弦と見ていき一番上の線が1弦となります。

 

線の上に書かれているのは各弦で押さえる場所(フレット数)とリズム符です。

※フレットとはギターの指板上にある鉄でできた銀色の細い仕切りのことです。

「0」と書かれている場合は、フレットに指を置かずに指定された弦をそのまま鳴らしましょう(解放弦と言います)。

 

リズム譜とは皆さんも小学校あたりで習った音符の音程を取り除き、リズムだけを表したものです。

ギターのタブ譜の場合、どの弦の何フレットを押さえればいいか示されているので、音符は不要。

譜面によってはタブ譜の上に別途音符が記載されていることも多いです。

 

コード譜

続いてコード譜です。

先ほどのタブ譜では弦を表すのが横線でしたが、コード譜では縦線になっており一番左が6弦、一番右の線が1弦になっています。

コード譜で横線が示すのはフレットです。

一番上の横線が太くなっていると思いますが、これはナットを示しています。

 赤矢印で示した場所がナットです。

 

上に書いてある「○」は開放弦を鳴らしてOK! 

「×」は開放弦を鳴らしてはダメということを示しています。

「●」は指で押さえるポイント、フレット数を示しており、上の図だと「5弦3フレットと4弦2フレットと2弦1フレットを押さえてね」という風に書かれています。

 

再度、こちらのタブ譜とコード譜両方を見比べてみるとタブ譜に書かれている押さえ方とコード譜に書かれている押さえ方がきちんと同じくなっていることがわかると思います!

 

 

以上、今回はタブ譜とコード譜の見方について説明してみました!

いかがだったでしょうか?

ギターを続けていく上で、タブ譜やコード譜を読みながら練習することもたくさんあると思うので是非この機会に覚えていってください♪

 

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

ではでは、ヒルマンでした〜!!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です