【音楽理論】コードの働きを理解しよう!(あいみょんの曲で実際に解説)

どーも、ヒルマンです!

平成がもうすぐ終わりますね。

今回は令和の前に僕がどうしても伝えておきたい!

コードのそれぞれの役割や働きについて

書いていきたいと思います。

これを覚えることによって、耳コピや作曲が楽になるので損はないです!

 

それでは早速ですが、行ってみましょう!




1. トニック/ドミナント/サブドミナント

ダイアトニックコードである7つのコードは大きく分けて3つの働きに分類することができます。

※ダイアトニックコードがよくわからない方はこちらでぜひ予習を!

それが、「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」コードです。

ざっくり説明すると、

トニックコード:安定。曲の最初と最後に用いられることが多い。

ドミナントコード:不安定。安定しようとトニックに行きたがる。盛り上げたい場所で使われる。

サブドミナントコード:やや安定。トニックにもドミナントにも移行できる。

こんな働きや特徴を持っています。

 

例として、皆さんは学校でこんなコード進行を聞いたことがありませんか?

そう、起立・礼・着席などの号令で使われるようなコードです。

これはトニック→ドミナント→トニックの進行になっており、コードの役割的には安定→不安定(早く座らせてくれよ〜)→安定(座れて良かった〜)という風に表すことができます。

 

次はどのコードがトニックで、どのコードがドミナントかなど解説していきます。

 

2. トニック/ドミナント/サブドミナントの詳細

今回はCメジャースケールのダイアトニックコードで話をしていきます。

上のリンクでも以前説明しましたが、ダイアトニックコードはこんな感じでしたね。

これら7つのコードを「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」に分けると

トニック(安定) 3和音:C、Em、Am  4和音:CM7、Em7、Am7
ドミナント(不安定) 3和音:G、Bm−5  4和音:G7、Bm7−5
サブドミナント(やや安定) 3和音:Dm、F  4和音:Dm7、FM7

こんな感じになります!

ここは難しく考えず、まずは丸暗記でOKです。

トニックは1番目、3番目、6番目(Ⅰ、Ⅲm、Ⅵm)

ドミナントは5番目と7番目(V、Ⅶm−5)

サブドミナントは2番目と4番目(Ⅱm、Ⅳ)

ってな感じですね。

※コードのナンバーシステムの解説はこちらで。

 

3. あいみょんの曲でトニック/ドミナント/サブドミナントを見てみる

いつまで待たせるんだ、って感じでしたね笑

ようやく実際の曲で見ていきましょう。

題材は『マリーゴールド』のサビ!

Cのキーに転調。わかりやすいようにテンションは省略しています。

()の中はトニック=T、ドミナント=D、サブドミナント=SDを表しています。

こんな感じのコード進行なので、1小節ずつ見ていきます。

1小節目:やはり、安定感のあって明るいトニックコードのCから始まりました。

2小節目:不安定なドミナントのG安定だけでは曲がドラマティックにならないので、こうして揺さぶりをかけているわけです笑

3小節目:安定したいがためにAm(トニック)に解決しています。

4小節目:そのままEm(トニック)で安定状態。

5小節目:曲に彩りを添えるためにF(サブドミナント)が登場です。トニックにもドミナントにも移動できる彼は果たしてどちらに行くのか…!?

6小節目トニックに移りましたね。ただ、ここから曲を盛り上げていかなければいけないので…

7小節目:オールマイティでドミナントに次ぐ盛り上げ上手なF(サブドミナント)へ!

8小節目:最後は不安定だが、盛り上げ上手な必殺ドミナントのGー!!

 

といった感じで、曲のコード進行は成り立っています。(実際の曲では上記8小節をもう一回繰り返し)

ダイアトニック以外のコードも使われることもありますが、基本このようにトニックだけでは安定しすぎでドラマにならない部分をサブドミナントやドミナントが上手く盛り上げ人を感動させる楽曲になっているんですね〜。

皆さんも今後曲を弾いたり耳コピしたりするときは、トニックやドミナントなんかにも注目してみてください。

きっと作曲や自分の演奏の助けになるはずです!!

 

 




 

以上、今回はトニック/ドミナント/サブドミナントという3つのコードの働きについて解説してみました。

いかがだったでしょうか?

 

この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

ではでは、ヒルマンでした〜!!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です