【基礎練】指板上を全て制覇するための簡単な練習

どーもヒルマンです。

全ギタリストの目標や夢は思った通りの音を意のままに出して演奏すること。

そのために今回は特に初心者や中級者の方が日々取り入れた方が良いと思う練習を紹介いたします!

しかも難易度は低く簡単!これはやるしかないですね!

初心者や中級者以上でも、毎日はする必要はないかもしれませんが少し時間が空いた時に軽くウォーーミングアップする練習するにも良い方法だと思います!

僕もふと気づいた時に度々弾いています!

 

それでは行ってみましょう!




・概要

タイトルにもある通り、指板上をくまなく制覇するための練習で

指板上、1〜6弦までどのフレットにどの音があるかを覚えるために行います。

①メトロノームを用意しましょう。

②テンポは40〜60あたりに設定します。(慣れたら速めればいいので、最初は超ゆっくりでOK)

③あとは下記譜面通りに弾くだけ!

 

・譜面

初心者の方は最初譜面を見ながらで、譜面のリズム通り行かなくても大丈夫です!

止まってしまってもいいので、「ドはこの位置にもあるのか」と頭に刻みながら弾きましょう!

今回の譜面には書いていませんが、EADGBの音は開放弦でも対応できるので是非加えちゃってください。

 

ちなみにこの譜面では音の順番がC→F→B♭というように「5度進行」になっています。

この5度進行については別の機会で触れようと思います。

・ある程度慣れてきたら

a)メトロノームのテンポを速めてみる。

b)12フレット以上でもやってみる。(そのギターのフレット数によっては12Fより下に戻らなければいけない音も出てきます)

c)ピッキングのタイミングを変えてリズム練習も取り入れる。(8分の裏で弾くとか)

これらのことを試してみると良いと思います。

 

 




以上、今回は地味な基本練習ではありますが指板上の音を覚えるための実践練習を紹介しました。

いかがだったでしょうか?

指板上の音を把握するのはギター上達のためには必須項目なので、三日ボウズにせず続けてみてください笑

そこまで難しい練習じゃないですしね!

 

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ではでは、ヒルマンでした〜!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です