ギターは何本必要?(2019年4月時点での個人的な考え)

どーも、ヒルマンです。

皆さんはギターは何本持っていますか?

何本もギターも持っている人も、エレキ1本とアコギ1本ずつ持っているような人もいて色々かと思います。

最初に言っておきますが、もちろん所有すべき本数の正解はありません。その人の持っているスペースや資金、用途や活動は様々ですからね。

 

最近ギターの所有数を縮小したりシェイプをフォーカスした方が良いのではないか?という個人的な理論が出てきましたので、今回は備忘録的に僕の現時点の考えを書いていきます。

※主にエレキギターを想定した話となっております。

・なぜギターを集めるのか

そもそも論になってしまいますが、僕らは1度に1本のギターしか弾けないのになぜ複数のギター欲しいのか。

自分自身に問いかけると主に大きく2つの理由があると思いました。

 

①コレクション視点

ギター好きだから!色んな形の、別の音色が出るものが欲しくなりますよね笑

好きなギタリストが使っているモデルなら一度は手にしてみたいと思いますし。

②アーティスト視点

レコーディングやライブなど、「この楽曲にはこのギターでなきゃ!」という場面があります。

この曲はクリーンな音を重視したいからシングルコイルの載ったギターで、次の曲はロック色強いからハムバッカーのギターで…とか。

または楽曲の必要とするチューニングの兼ね合いで2本以上必要な場面も想定されます。

 

・実際、実用的な本数は何本か(ヒルマンの場合)

僕の活動はライブ、レコーディング、レッスンが主なので、2−3本でいいんじゃないかと最近思っています。

1本目:ストラトなどシングルコイルPU搭載しているもの

2本目:レスポールやES−335などハムバッカーPU搭載しているもの

これで基本はいけるんじゃないかと。

ここにもう1本足すとしたら、サブ的扱いやチューニング違いの現場で使うためにかな、と…

最近はSSHのPUモデルもたくさん出ているので、1本だけで済むかもしれませんね!

 

・所有するギターのシェイプを絞り込むと良いかも

ギターを上手くなるには左手と右手の鍛錬、音感やリズム感を良くすることが大切ですが、一つ忘れがちなことがあります。

それは自分の持っているギターのシェイプ、操作性を熟知し使いこなす必要があるということです。

ストラトを持っているなら、ストラトの達人になる必要があるということですね。

 

メーカーによるネックのスケールの違いもありますし、ストラトやテレキャス、レスポールなど…大抵の場合ボリュームノブやブリッジの形状が異なっていますよね。

シェイプが違えば、同じギターと言えど極端に言えば別物です。

僕もストラトに慣れている時にレスポールを手にとって弾くとビックリするくらい下手くそになったと感じたことがありました笑

 

よって、ギター上達の条件の一つに

「基本のギター練習+一つのシェイプの扱いに長ける」

ということが言えるんじゃないかと思ったわけです。

だからギターを2本持つとして、ストラト(SSS)とストラト(SSH)を持った方が達人になれる速度や確率が上がるんじゃないか、と。

皆さんはどう思いますか?

 

 

 

以上、本日はギターの所有数について最近真剣に考えていたので雑談的にではありますが書いてみました!

いかがだったでしょうか?

もしかしたら、今後持っているギターやエフェクターなどの断捨離を行うかもしれません笑

あくまで僕個人の意見なので正解ではないですが、参考になったら幸いです。

何か思うところがあったらコメントしてください!

 

ではでは、ヒルマンでした!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です