【理論】コードのナンバーシステムについて

どーも、ヒルマンです。

お久しぶりでございます!皆さん元気でしょうか?

 

今回はですね、久しぶりということもありますので初心者向けの理論について。

コードのナンバーシステムに関して書いていこうと思います。

 

皆さんは「4-5-1-6進行」とか「1-6-2-5進行」とか耳にしたことがあるでしょうか?

そんなに難しくないので一緒に見てみましょう!

 

では行ってみましょう!




1. コードのナンバーシステムとは

まず、キーをCとして話をさせてもらいます。

キーやダイアトニックコードがわからないって人はこちらを見てみてください!

CのダイアトニックコードはC,Dm,Em,F,G,Am,Bm-5でしたね。

もう単純明快!基本的に順番に数字を割り当ててみてください。

C=1、Ⅰ

Dm=2、Ⅱ、Ⅱm

Em=3、Ⅲ、Ⅲm

F=4、Ⅳ

G=5、Ⅴ

Am=6、Ⅵ、Ⅵm

Bm−5=7、Ⅶ、Ⅶm−5

いう風に表されます。

ただ単に、そのキーの何番目のコードかを示しているだけですね!

 

2, ナンバーシステムはどう使うの?

上で説明した番号を使う場面は様々ですが、主にキーを転調させる時やコード進行を簡単に相手へ伝える時に便利です。

また、ある程度音感が付いて来ればある曲を聴いた時に「キーはわからないけど、この進行はⅠ-Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ(1-6-4-5)だな」みたいに考えるようになってきます。

まとめると

・キーの転調がある時(弾き語りでカポを使用する等)

・コード進行を相手に手軽に伝える時

・楽器がない状況で曲を聴き、コードを聴き取る時

僕は主にこんな状況の時に数字でコードを考えることが多いです!

 

注意点としては、人によってはⅡm(CキーだとDm)だとしても「Ⅱ」と表現することもある事ですね。

その場合、もし本当にⅡ(CキーだとD)が来るような場合は「Ⅱメジャー」や「Ⅱ7」などと言って区別して表現してくれるはずです笑




3. ナンバーシステムの応用

数字でコードを表現する事に慣れておくのは別のメリットもあります。

コードの構成音や音程も同じように数字で表す事が多いからです!

ミュージシャンは小慣れてくると単音に対しても数字を当てはめて表現するんですね。

「CM7の構成音は1、3、5、7」とかスタジオで「そのコードに6度の音入ってない?」とか。

 

この内容までくるとちょっと難しくなってくるので、詳しくはこちらの記事もチェックしてみてください!

ここまで頭に入れば理論にだいぶ強くなってきている証拠です!

 

 

 

以上、今回はコードのナンバーシステムについてお話ししました。

いかがだったでしょうか?

 

少しでも参考になれば嬉しいです!

それでは、ヒルマンでした〜!!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です