星野源『Hello Song』ギターソロ解説(タブ譜あり)

どーも、ヒルマンです!

前回の記事に引き続き、星野源さんの新譜から『Hello Song』のギターソロを題材に取り上げてみたいと思います!

アルバムでもそうですが、ライヴでラストナンバーして盛り上がりそうな曲ですよね!

 

それでは解説の方、行ってみましょう!




1. ソロ全体像

最初に全体が見れた方がいいと思うので、採譜したタブ譜と参考演奏を載せておきますね♪

見ての通り、コード進行が複雑です…そして小節数も10と一筋縄ではいかない雰囲気満載です笑

そして、両手共に忙しい…頑張っていきましょう!

2. セクション①

ピックアップフレーズ(1段目右端)は数えず、1〜4小節までです。

初っ端のベンドを絡めたフレーズはStuffのFootsのフレーズを思い出したのは僕だけでしょうか笑?

2小節目に16分音符の比較的速いフレーズが出てきます。Gメジャースケール外の2弦16フレットD#の音が入っていることに注意しましょう!

3小節目のCコードの時はCメジャーペンタ、Bmの所ではGメジャーペンタと使い分けているところが鮮やかですね!

4小節目はプリングやスライドなどが絡み、右手の空ピッキングが多くなってリズムやピッキング自体が狂いやすくなるので注意して弾きましょう。




3. セクション②

セクション②は5〜6小節目です。

6度音程のフレーズが特徴的なフレーズです。

この手のフレーズはカントリーやSoul、R&Bに多く見られるフレーズですね!

おそらく、5弦はピックで3弦は中指を使って弾いているのではないかと思います。

所謂ハイブリッドピッキングですね。もし良ければこちらの記事も読んでみてください!

そして、この曲のソロで一番速いフレーズ、16分3連が出てきます!

B7のコードトーンで構成されているのがわかりますね。

ここは、焦らずいつも通りメトロノームを使ってゆっくりとしたテンポから地道に練習しましょう!

 

4. セクション③

前小節のB7は上手く繋がったEm、GのフレーズはGメジャーペンタなので特筆することはありません。

次のフレーズがかっこいいですよね!

Gの音をペダルトーンとしながらもトップの音が半音ずつ上がっていくジャズやフュージョン、ブルースでも出てくるクロマチックなフレーズとなっております!

個人的にはこのフレーズをコピーするだけでもかなり価値があると思いますよ♪

 

5. セクション④

最後の2小節(残り1小節は2拍休み)です。

ここでも6度音程のフレーズが出てきますよー!

この手のスライドを交えた奏法もブルースなんかでよく出てくるのでコピーの価値ありです!

最後はまたもDの音が固定されつつもF#の音が半音ずつ上がっていき、コードもD>Em7>Fdim>D/F#と変化していくフレーズとなっています。

リズムが8分裏になっている点が注意ですね。

ここでリズムが狂うと全て台無しなので最後のキメまで気を抜かずしっかりと合わせていきましょう!

 

 

以上、今回は星野源さんのアルバムPop Virusから『Hello Song』のギターソロを取り上げてみました!

いかがだったでしょうか!

少しでも参考になれば幸いでございます♪

 

ではでは、ヒルマンでした〜!!




 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です