星野源『Pop Virus』を弾いてみよう! コード譜あり

どーも、ヒルマンです。

僕の母親と義理の妹、甥っ子がインフル感染してしまったとの知らせが…

皆さんも気をつけて下さいね!

 

今回は星野源さんの新曲『Pop Virus』について

コードやギターで弾く際のポイントを話していこうと思います!

 

解説の前に念のため、曲のMVを貼っておきますね!

 

 

それでは行ってみましょう!

1. 曲調について

最初に僕がアコギでサビ部分を弾いた動画もアップしておきます。

この曲は洋楽のR&Bジャンルに通じるスタイルを持っています。

その理由は、

  • M7やm7などのテンションコードが多い
  • dim(ディミニッシュ)コードが使われている
  • スローテンポでバウンスの16ビート

という3点が主に挙げられます。

その分、難易度としては少々高めです。

 

中でも一番難しいのは「バウンスの16ビート」ですね。

リズムに気をつけて、もし難しいと感じたらリズムとバウンス(ハネ)の感覚を掴む練習をしましょう!

 




2. サビ前半

では曲に入っていきましょう!

まずは曲の始まり、サビの前半です。

キーはAです。

ご覧の通り、コード移り変わりが非常に激しいです。

Fdimなど慣れないコードも出てきていると思うので、手に馴染むまでコードチェンジの練習をしてみて下さい。

 

上でも書きましたが、コードがたくさん出てくるのに加えてリズムも難しいです。

最初はメトロノームをお供に練習することをオススメします。

テンポはさっきタップして測ってみたんですが、大体77前後です。

 

3. サビ後半

サビの後半です。

前半と違うところは、2小節目と6小節目にA7のコードが加わり8小節目〜10小節目の展開が加えられています。

とは言え、前半を弾けるのなら後半部分も弾けると思います!

まだ、前半部分を弾けない方は焦らず練習を続けましょう。

練習ポイントはメトロノームを使いながら、休符を意識して弾くことです。

 

4. 間奏とAメロ

間奏とAメロは基本、サビのコード進行を基にしています。

念のために間奏のパターンを載せておきますね。

8小節目だけ2拍子になっている点が注意です!

 

Aメロはサビ後半の8小節のパターンと同じで良いです。

変化をつけたい人はローコードで弾いたりして、サビとは違った雰囲気を出してみて下さい!




5. Bメロ

BメロではG#m7−5やC#7、B7などの新しいコードが出てきます。

譜面に載せているダイヤグラムは一例なので、他の押さえ方が良いという方はそちらでもOKです♪

1、2小節目のリズムパターンも一例なので、他のストロークも試してみて下さい!

 

余談ですが1、2小節のコード進行はジャズでは頻出パターンなので、頭の片隅に入れておくといいかも!

 

以上、今回は星野源さんの『Pop Virus』を取り上げてみました。

いかがだったでしょうか!

オシャレで且つ、リズムの良い練習にもなる曲だと思うので是非練習してみて下さい!

この情報が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

ではでは、ヒルマンでした〜!




Follow me!

星野源『Pop Virus』を弾いてみよう! コード譜あり” に対して1件のコメントがあります。

  1. スティーブ より:

    フルで弾いた動画見たいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です