【FRETWRAPS】フレットラップのレビュー/感想

どーも、ヒルマンです!

あー、冬!!札幌ではインフル感染もちらほら出始めています。

皆さん気をつけましょう!

 

ってなわけで、今回は前から気になっていたコイツの紹介。

値段思いっきり見えちゃってますけど、いいでしょう!笑

FRETWRAPS(フレットラップ)という製品です。

Gruv Gear グルーブギア FretWraps String Muters 1-Pack (Black, Small) フレットラップス

 

そしてこんな風に使います。

いいアクセントになりますね笑

 

このフレットラップにどんな効果があるかというと、

  • タッピング時などに余計な弦振動を抑える。
  • 不要な振動を抑制するため、倍音が少なくなり音がタイトになる。

との事。

 

ちなみに僕はほとんどタッピングはしません。

「音がタイトになる」という文言に惹かれフレットラップを入手した次第です。

 

最初に言ってしまうと、今回の記事はすごくシンプルになると思います笑

ですが、買った以上レビューせねば…

では行ってみましょう!!

※個人的な意見/感想です。ご了承下さい。




 

1. 果たして効果は…

フレットラップを付けたり外したり、ギターを335にしてみたりストラトやテレキャスに替えながら。

Logicにレコーディングを繰り返し、聴き比べる事およそ2時間…

 

 

 

う〜ん、微妙!笑

レコーディングした音源をここに比較としてアップする予定でしたが、

ゆっくり目のコードワークでは右手の誤差程度の違いしか感じません笑

帯域のスペクトルも見比べましたが大きな変化も見られず…

 

一つ良いと思ったのは「カッティング」です!

こんな風に指板上にフレットラップを移動させて、カッティングをすると少々タイトになることは感じられました!

開放弦は使わない曲でひたすらカッティングするなら使ってもいいかもですね!

 

2. 買いか??

僕個人の意見としては、

「タッピングを多用しない限り要らないかな」

というのが正直な意見です。

まだアンプを通して大きな音は出していないので検証としては不十分かもしれませんが、Logicのアンプシミュを通して聴いた音は右手でどうとでもなると思えるくらいの誤差の範囲でした。

 

でも、以下の人は購入検討しても良いかもしれません。

①タッピングをする。

②レコーディングなどノイズ/雑音にシビアな現場で使用する。

③フレットラップを付けているギターがカッコイイと思う。

 

今後、僕がフレットラップを付けていたら③のオシャレ要素です。

もし付けているのを見かけたら笑ってやって下さい笑

 

 

いかがだったでしょうか!

今回はタッピングはプレイスタイルとしてほとんど使用しない僕がフレットラップを使用してみた結果をシェアしてみました!

また今度大音量を出す環境で使ってみて印象が変わったらレビューし直しますね!

 

ただ、フレットラップ付けた姿はモダンギタリストな感じがしてカッコイイと思ってしまう僕です笑

少しでも参考になれば幸いです。

 

ではでは、ヒルマンでした〜!




 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です