【初心者】ピックが弾いているうちにズレる件

どーも、ヒルマンです!

ギターを始めて、コードを覚えて…

そしてジャカジャカ弾いていると出てくる問題。

「ピックが段々とずれてきてしまう」

あると思います!

実際に僕が教えている生徒さんからも、このような悩みを相談されることが多々あります。

 

というわけで、今回は僕なりの対策や考えをシェアしていこうと思います!

それでは早速行ってみましょう!




1. 誰でも少なからずズレている

そうなんです!

僕も、テレビや雑誌に出ているあの有名なギタリストも、ギターの上手いあなたの友達も。

皆ーんな、弾いている最中にピックずれてます。

 

ただし!一回のストロークや1分間にずれる量はかなり小さい。

その微妙なズレを都度調整して元の位置に戻しながら弾いています。

 

だから、完璧にピックがずれないように弾くことは不可能だと思ってもらって良いです。

まず意識として、

「いかにピックのズレを少なくしていくか」

ということにフォーカスしていきましょう!

 

少し気が楽になりましたか?笑

 

2. ピックの固さや厚さ、材質

次に読み進める前に、もし良ければ以前ピック選びについて書いたこちらもチェックしてみて下さい。

ギターを始めたての頃は固いピックだと、ストロークの時に扱いにくく大きなズレが生じがちです。

上のリンクの記事でも、書いていますが最初のうちはMedium(ミディアム)かThin(シン)あたりの固さで、厚さは1mm弱の0.8mm前後が良いと思います。

こうすることによって、弦を弾く時の引っ掛かりが1mm以上の固いピックより弱まるのでズレが少なくなります。

 

あとは材質ですね。

人によって手汗の量が違うので、こればっかりは色々と試すしかありません。

セルロイドやウルテム、最近は滑り止め付きのピックなんかもありますので何枚か試してみましょう!




3. ピックをどう掴む/つまむか

ここからは僕なりの方法なので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

まず認識して欲しいのは、

ギターを弾いている時は常に同じピックの掴み方をしているわけではない

ということです。

単音を弾く時やコードをかき鳴らす時、メロウに優しく弾く時など。

ピックの掴み方、つまみ方はその時のプレイによって微妙に変えています。

 

では、具体的に見ていきます。

※順〜平行アングルでの例です。アングルについてはこちら

①単音弾き

見た目はこんな感じ。そして、人差し指のピックが当たっている場所

大体、赤で塗ったところです。

人差し指の側面と言っても良いですね。

②コードストロークやカッティング

見た目は単音弾きの時とそんなに変わらないですね。

人差し指の曲げ方は若干違うかな?

そして人差し指のピックが当たっている場所は

こんな感じです。

側面より内側の肉の部分、腹の部分とも言いますかね。

ピックが当たる面積もちょっと増えます。

コードストロークなので、複数の弦に当たるためそれだけピックと指に圧がかかる。

なので、面積を多めにとってその圧に応える必要があるためこのような結果になっているのでしょう。

 

以上から、プレイによって持ち方を少しずつ変えているのがお分りいただけたと思います。

あとは、持つ強さですね。

もちろん、力強く大きな音を出したい時はピックを強く持つ/掴むんですが、それ以外の時はあまり力は入っていません。

誰かにピックの先端を掴んでもらって引き抜いてもらうと、そのままスポッと抜けてしまうくらいの力加減です。

力が常に入っていると、ズレは大きくなるしズレを指で微調整もし難いので力はあまり入れないほうが良いでしょう!

 

 

 

いかがだったでしょうか!

今回はピックがズレてしまう現象について僕なりの考えや対策をシェアさせてもらいました。

一番言いたいのは「誰でも少なからずズレているよ」ってことです。

ピックがズレてしまうからってギターに挫折しないで下さい!

きっと良くなりますから!

 

この記事が少しでも参考になってくれれば嬉しいです!

 

ではでは、ヒルマンでした〜!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です