【初〜中級者】ネック上の親指の位置について迷っていませんか?

どーも、ヒルマンです!

皆さんはギターを弾く時に左手の親指の位置に悩んだことはありませんか?

※右利きの場合です

 

最初に言っておくと、「正解はありません。」

 

演奏している時に親指に違和感を感じなくて、自然に感じるのならそれが「その時の」親指のベストポジションです。

何故「その時の」かと言うと、どのギタリストも親指の位置はその都度変化させながら弾いているからです。

曲によって、またはフレーズやコードによってその人によってのベストポジションがあるわけですね。

 

とは言え、親指の位置について幾つかパターン/傾向はあるので今回はそちらについてシェアしいこうと思います!

 

それでは行ってみましょう!




1. 一般コード

今回はCのオープンコードで見ていきましょう。

※オープンコードをは開放弦が絡むようなコードのことです。

①ネック裏パターン

正面から見るとこうで

ネック裏から見ると親指の位置はこんな感じです。(もちろん個人差はあります)

所謂、クラシックグリップという握りですね。

この握り方だと弦を押さえる指が立てやすくなるので隣の弦に意図せず触れてしまい音が出ないという現象に対して対処がしやすいです。

 

②6弦側に親指パターン

所謂、ロックグリップという握りです。

親指が6弦側に出ているのでそのまま6弦や5弦に触れてミュートしたい場合に有利です。

デメリットは手が小さいとミュート自体はしにくいのと、①の握りよりは指が立てにくいので弦を押さえている指が寝てしまい他の弦に当たりやすくなることが考えられます。

 

CだけでなくDやG、Amなどコードによって親指の位置が異なるのは当然なので、それぞれのコードで親指はどの位置が自然に感じるのか自分で探していきましょう!

 

2. バレーコード

バレーコードを押さえる時にはほとんどの場合、親指はネック裏に位置します。

正面から見るとこうで

ネック裏から見るとこんな感じです。

まっすぐ伸ばしている人差し指にきちんと力が伝わるような位置に親指を来るように自分なりに場所を微調整しましょう。

 

3. ストレッチが必要なコードやフレーズ

こんな感じで指を広げて弾くことをストレッチ(伸ばすの意味)といい、コードや単音フレーズなど様々な場面でストレッチして演奏をする必要があります。

そんな時はほぼほぼ、親指はネック裏に位置しています。

指を広げるために、親指はネック裏のかなり下の方に持っていかなければいけないことも多々あります。

 

4. 親指を使ったコード

この画像は例としてAのコードを親指を使って押さえています。

ダイヤグラムはこんな感じです。

親指で6弦を押さえ、親指の先か薬指の先で5弦に触れミュートしています。

この押さえ方で有名なのはジミヘンやJohn Mayerですね!

親指でベース音を鳴らしているので、他の指は自由となり別のフレーズを入れ込むことができるのが最大のメリットです。

バレーコードばかりで指が疲れてきた時も、この親指を使ったコードにすることで負担を軽減できますね!




5. ギターソロの時

ロックやポップスのギターソロを弾く時に親指は6弦側に出ていることが多いが、速弾きのストレッチが必要なフレーズはネック裏に移動したりします。

臨機応変に対応しなければいけないということですね!

 

ベンド(チョーキング)をする時には親指がネック裏にあると非常に力が伝わり辛くやりにくいので、大抵親指は6弦側に出ています。

画像は3弦7フレットをベンドしているところです。

 

自分の好きなギタリストがソロを弾いている映像を見て、親指の位置だけにフォーカスして勉強してみるのも良いと思います!

ぜひ、自分にとって快適で自然に感じる親指の位置を探し出してみて下さい!

 

 

以上、今回はネック上の親指の位置について書いてみました!

いかがだったでしょう!

 

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

ではでは、ヒルマンでした〜!!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です