Queen『Bohemian Rhapsody』のギターソロ TAB譜あり

どーも、ヒルマンです!

先日映画のボヘミアンラプソディを観たので、題名曲『Bohemian Rhapsody』のギターソロをコピー、採譜してみました。

せっかくなので、シェアしたいと思います!

 

では行ってみましょう!




1. TAB譜&参考音源

こんな感じです!参考音源のバックトラックなどちょっと適当で申し訳ありません汗

キーはE♭で最後の方に転調していきます。後半以外はE♭メジャースケールで弾かれています。

全編に渡って非常にメロディアスに演奏されています。多くは語りませんが、映画でもこのソロのレコーディングシーンがありましたね♪

 

譜面のリズムを追おうとしても音符で表すと複雑で難しいので、音源を聴きつつ耳と指で覚えたほうが早いかもしれません。


2. ソロ前半

初っ端は16分のリズムでクッて入っているのが注意点です。

・1小節目はE♭メジャーペンタトニックをベンド交えてプレイされています。

音を伸ばす部分ではビブラート(音を震わせるテクニック)が使われているので、本家の音源を聴きつつニュアンスを捉えましょう!

・2小節目はソロの中で2度出てくる非常にフックのある歌っているメロディーです。低音弦からレイク(スウィープ)気味に2弦13フレットにヒットさせてみて下さい。

・3小節目の16分3連のフレーズなんですが、実音はそんなに出さなくても良いです。ブラッシング気味でプリングしましょう。(参考音源では実音出過ぎですね。反省…)

4小節目がこの曲で一番難しいと思われる畳み掛けるフレーズとなっています。

先でも説明した通り、E♭メジャースケールなので特殊なフィンガリングは出てこないため、ゆっく〜りのテンポからで良いので何度も練習してみましょう!




3. ソロ後半

・後半5小節目はB♭の音から1オクターブ駆け上がりを2度繰り返し、2度目の最後はベンドしCの音まで1音引き上げます。ベンドじゃなくても20フレットを弾いてもいいかもしれませんね。

6小節目は前半2小節目で出てきたメロディのリフレインです。こうすることによってよりメロディが印象に残り聴き手に伝わりやすくなります!

・7小節目は転調前の準備段階としてあまり動かず、Fm9のコードトーンを弾いています。弦飛びしたフレーズになっているので意外とミストーンになりがちです。気をつけましょう!

・最後8小節目のコードはD♭>D♭/C>D♭/B>D♭/B♭とベース音が半音ずつ下がる進行になっていて、最終的には次のセクションのAコードに着地します。

1〜3拍はD♭のコードトーンで4拍目はAのキーに移るためのAメジャースケールのフレーズと捉えて良いでしょう。リズムが少々難しいので音源を何度も聞いて練習しましょう!

 

以上、今回はQueenの『Bohemian Rhapsody』のギターソロをタブ譜付きで解説してみました。

いかがだったでしょうか!

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

ではでは、ヒルマンでした〜!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です