ペトロールズ 『指』のコード/奏法(タブ譜あり)

どーも、ヒルマンです!

 

今回はもはやこのブログの定番となりつつある

ペトロールズの『指』

についてコード進行や奏法など書いていこうと思います!

 

選曲理由は僕が好きだからです笑

音源は入手困難なので、Youtubeのライヴ動画を貼っておきますね!

ギターはそれほど難しいことはしていないんですが、渋さ抜群!

サビのメロディや歌詞も素晴らしいですよね!

 

今回はコード進行の説明がメインで奏法解説は少なめ(手抜き)ですが行ってみましょう!

※ペトロールズではギターは半音下げチューニングとなっておりますのでその点注意してください。

 また、Live映像なども聴いて採譜したので、音源とは違う弾き方にもなっています。

 僕なりの解釈も含んでいるのでご了承ください。

 




1. イントロ&Aメロ

曲のキーはEです。

長岡亮介さんご用達の頻出コードA/Bで始まります。

なかなかない構成なので、このコードで始まっていることが一味違った曲に仕上がっている要因の一つですね。

ライヴ映像ではイントロや間奏の部分でEのスケールでかなり遊んでいます。

もし余裕があれば、決してリズムは走らずアドリブしてみましょう。

 

2. Bメロ

Bメロはこのようなコード進行です。

音源ではアルペジオがたくさん入っていますが、ライヴではAM7の部分はあまり弾かずにG#m7の歌の合間にギターで動くという手法を取っています。

2段目のジャズ的なⅡm-Ⅴ7の進行や3段目のAからベース音が半音ずつ下がってG7からCへV7-Ⅰする進行もオシャレでかっこいいですよね!

3段目のG7(13)の横にあるダイアグラムは音源で押さえているポジションです。余裕がある方はそちらでも押さえてみて下さい!

最後のB7の後のオクターブ奏法はライヴ音源を参考にして採譜しました。

 

3. サビ

サビのコード進行はこんな感じでございます。

正直に言うと1、2段目の2小節目のベース音は違うかもしれないので、後日修正する可能性があります。

でも上で鳴っている音はこの感じなので大丈夫です笑!

Bメロ同様、1〜2段目の4小節目はダブルストップを使って動きのあるフレーズをオブリとして入れています。

3段目からはギターはコードトンからはほとんど動かず最後のDコードに辿り着きます。

サビの最後に♭ⅦのDのコードを入れてくるのがまたカッコイイですね!

 

タブ譜にはしていませんが、ブリッジのコードはG#7/F#7(13)を繰り返した後にA/E/C#m/F#7/B7という流れです。

 

ちなみにライヴ映像を見る限り、ディレイは使ってるかもしれませんが歪みは使っていないようです。

エフェクターを使っている人はあまり歪ませないようにGainを下げましょう。

 

 

いかがだったでしょうか!

今回奏法は詳しく説明あまりできませんでしたが、コード進行はお分りいただけたと思います。

ぜひ、弾き語りやバンドでのコピーに活用いただければ嬉しいです。

 

ではでは、ヒルマンでした〜!!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です