ライブを観るということ

どーも、ヒルマンです!

 

今日はちょっと違う視点からブログを書いてみます。

皆さんはライヴを観に行きますか??

大きいフェスでも、小さなライヴハウスでも。なんだったら、路上の弾き語りでも構いません。

 

良い音楽、カッコイイ音楽を生で楽しむ。当たり前ですけど、それがライヴの醍醐味です。

それが、ギタリストとしての視点だったら?

初心者の方にこそ、自分でライヴはまだできなくても家でばっかり弾いていないで実際に観に行っていただきたい!

そんな想いをひっそりと込めつつ、僕なりのライヴで観るポイントを書いていこうと思います。

 

では行ってみましょう!




1. 足元(エフェクターやアンプ)

フェスなどの大きな会場で、ギタリストの足元が見えないライヴなら仕方ありません笑

ある程度小さめの規模の会場でギタリストに近づけるのであれば、ギター本体はもちろん使っているエフェクターやアンプをチェックしましょう!

なんだったら、シールドやその他小物(カポとか)がないかもチェックします。

(写真撮影はその会場、そのアーティストが出している規則をしっかり守りましょう!)

もし、可能であれば!アンプやエフェクターのツマミはどのようにセッティンされているかも見てみましょう。

ライヴが始まっていなければ、スマホのカメラ拡大機能を使って見てみるのも一つですね。

もちろん、その人が使っているギター本体もだいじなんですがアンプのセッティングは重要です。

ボリュームがいくつで、トレブル、ベースがいくつでゲインは…という点に注目です。

ギタリストの最終的な音の出口はアンプです。このセッティングを色々勉強しておくと後々非常に役立ってきますよ!

 

2. 奏法

当たり前じゃん!と言われちゃいますよね汗

でも念のため書きます!

僕が見るのは

・ピッキング

・指使い、コードの使い方

・エフェクトの使い方、切り替えのタイミング

・フレーズ、メロディの組み立て方

・パフォーマンス

こんなところでしょうか。

例えば「ピッキング」と一言で書きましたが、そこには腕の振り方であったりアングルであったり強弱のつけ方だったり、色んな要素が含まれています。

良いと思ったら、なるべく多くを細かく見てみましょう。

エフェクターを使う方であれば、エフェクターのスイッチ踏み込みのタイミングも非常に大事です。

巧くエフェクターを使っている人のライヴは切り替えタイミングをどうしているか見るのも勉強になります。

あとはパフォーマンスですね。

メンバーを、観客を、そして自分を盛り上げるためにそのギタリストがどう動いているかも見てみましょう!




3. メンバー同士のコミュニケーション

これは見落としがちですが、かなり大事です。

バンドのメンバー同士がアイコンタクトをしたり、ギタリストがドラマーの方を見ていたり。

良いバンドほど、互いのコミュニケーションがライヴ中に行われていることが多いです。

弾き語りだったら、演奏中にお客さんの方をどう見ているか。どう話しかけているか、が該当するかと思います。

常に相手の方を見ているわけにもいかないので、要所要所、どのようにコミュニケーションを取ろうとしているのか見るのも後々役に立ってくると思います。

音楽は一緒にやるメンバーやお客さんがいないと成り立ちませんので、考えてみれば当然ですよね。

僕もより一層コミュニケーションを取っていきたいと思う今日この頃です。

 

 

以上、今回は変わり種の話題だったのですがいかがだったでしょうか!

何故この話題にしたかと言うと、今日僕が札幌のSSWのワンマンライヴを観に行ったからです笑

非常に刺激を受けました。

その受けた刺激が自分の練習へのモチベーションにも繋がるので、あまりライヴに行ったことのない方は良ければ参考にしてみて下さい。

 

ではでは、ヒルマンでした〜!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です