ぺトロールズ 『アンバー』の奏法解析(タブ譜あり)

どーも、ヒルマンです!

 

今回はペトロールズの楽曲『アンバー』を詳しく見ていこうと思います。

最初は『雨』だけの予定だったんですが、勝手にシリーズ化しています笑

どこまで続くかわかりませんが、もし良ければお付き合い下さい!

 

『アンバー』はシンプルなコード進行ながら、テンションを使い楽曲をカラフルにしています。

長岡亮介さんの3ピースバンドの隙間や歌メロの間を紡ぐ美学も相変わらず光っているので、非常に勉強になる曲だと思います!

 

  1. イントロ
  2. Aメロ
  3. Bメロ
  4. サビ
  5. 大サビ
  6. 間奏

 

では行ってみましょう!

※ペトロールズではギターは半音下げチューニングとなっておりますのでその点注意してください。

 また、Live映像なども聴いて採譜したので、音源とは違う弾き方にもなっています。

 僕なりの解釈も含んでいるのでご了承ください。




1. イントロ

Live音源ではディレイを絡ませながら、AM7のアルペジオ(構成音)から16分音符で弾き始めます。

もし、アルバム『Renaissance』の音源のように演奏したければ16分の部分を8分のリズムにして、ワウも踏みながら弾いてみましょう!

コードはAM7>Bという感じなんですが、AM7の時にベースがC#、B、Aと降りていく部分も

カッコイイですね!

2、4小節目のフレーズは右手の中指と薬指、もしくはピックと中指で弾いていると考えられます。

 

2. Aメロ

3ピースならではの音の少なさを逆に利用して「静」の状態を創り出しているAメロ。

右手でパームミュートをしながら、弾いていきます。

こちらのタブ譜はCD音源寄りの譜例で、Live映像だと多少リズムを崩しながら弾いているようです。

リズムの裏をきちんと感じながら演奏しましょう。

 

3. Bメロ

こちらの前半のフレーズはLiveの音を参考にして採譜しました。

長岡さん感を出したいのであれば、ピックと指で弦を弾き分けてプレイしてみて下さい。

5小節目からは彼お得意のカウンターフレーズを挟み、サビに向かっています。

こういったフレーズに海外のR&Bを感じるのは僕だけじゃないはず。懐深しです!

8小節目のBsus/C#はタブ譜の通り、おそらく1、2弦は開放弦にして押さえていないと思います。

開放弦絡むのは長岡さん頻出のコードですしね。

もし違うなあ、と思う方は7フレットセーハしてみて好みで弾いて下さい。




4. サビ

こちらもLiveの音や映像を参考にして採譜しました。

軽めのピッキングでAM7>B7(13)のコードを繰り返しで弾いています。

両方とも指を開かなくてはいけない押さえ方なので、慣れも必要ですし難しいと思いますので練習あるのみ!

僕自身も2小節目のB7(13)の押さえ方はルートを省いてはいますが、勉強になりました。

 

5. 大サビ

大サビのコードはE>Dadd9(13)>G#m13>Aadd9という感じです。

こちらのタブ譜では省略していますが、Liveと同じように弾くのであればサビと同じような16分のフィールでストロークして下さい。

これまた、開放弦を利用したコードワークをしていると考えられます!

3拍目でコードが変わっているのが注意点なので、拍を見失わないようにしましょう!

8小節目で間奏に続くフレーズ(アウフタクト)があります。

 

6. 間奏

ダブルストップ(2和音)のフレーズでの間奏です。

こちらもイントロの方でも書きましたが、基本右手の中指と薬指、もしくはピックと中指で弾いています。

ピックで弾くより音にバラつきがなく、且つ少しアタックの強い音になります。

ここでもスライドの仕方など含め、海外のR&BやSOULミュージックで出てくるようなフレーズがたくさん出てきます!

カッコイイですね!!

譜面では書きにくい要素がたくさん含まれているので、ぜひ音源を聴きながらニュアンスをマスターしてみて下さい。




 

以上、楽曲フルではないですが『アンバー』の大部分の解説でした!

いかがだったでしょうか!

歌のコーラスワーク含め素晴らしい曲ですよね。

もし良ければ、このブログの譜面を参考に練習してみて下さいね!

 

ではでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です