【めちゃくちゃ大事】ミュートのお話

どーも、ヒルマンです!

皆さん、ミュートはどうしていますか??

今回お話する「ミュート」は奏法としてのミュートではなく、鳴らさなくて良い弦に左手や右手で触れておいて音を出さないようにする手法についてです。

ギターの弦は通常6本ありますが、常に6本同時に鳴らしているわけではありません。

5本鳴らすコードもあれば、4本、3本鳴らすコードもある。2本鳴らすダブルストップもあれば、1本だけ弾く単音弾きもありますよね。

もし1弦だけ弾くような時に他の5本の弦が鳴ってしまっては雑音となってしまい、弾いている本人はおろか観客もいい気分では聴けません。

ミュートとは余分な弦の音を出さないようにして、弾き手や観客共に良い音を楽しめるようになるための技術となるので今まで意識したことのなかった方は参考にしてみて下さい♪

 

  1. 右手のミュート
  2. 左手のミュート
  3. 両手のミュートを組み合わせる

 

では行ってみましょう!




1. 右手のミュート

右手はピック弾きなど主に小指側の側面を使います。

画像の赤くした部分ですね。この側面を鳴らしたくない弦に触れておくわけです。

わかりやすくするためにピックは持っていませんが、こういう感じです。

この画像だと手の平の側面だけで1〜6弦に触れていますが、ピックを持って実際に弾く時は常に触れているわけではなく鳴らしたい弦には触れないように調整します。

 

2. 左手のミュート

左手は人それぞれの手の大きさもあるので、工夫が必要かもしれません。

今回は僕が行っている方法をちょっとシェアしたいと思います。

 

・5弦ルートのコードを弾く場合(6弦を弾かない)

  

画像は例としてDM7(ディーメジャーセブンス)というコードを押さえています。

TAB譜の方を見ていただくと6弦は押さえないように指定されているのがわかります。

こういった場合は5弦を押さえている指の先で6弦に触れておきます。実際コードを押さえている画像の赤くなっている部分ですね。

コードによっては5弦を中指で押さえたり薬指で押さえたりする場面もあるので、「5弦を押さえている指の先で6弦に触れておく」ということを意識してみて下さい。

 

・4弦ルートのコードを弾く場合(6、5弦を弾かない)

4弦から弾く場合は色々と工夫が必要になってきます。

例としてDのコードで見ていきましょう。

  

開放弦があるので5弦を4弦側から触れることができません。

こうした場合、もし手が大き目の方であれば親指を握り込んで6、5弦に触れておきましょう。

触れるだけで押さえないように気をつけて下さいね。

 

2パターン目はコードの押さえ方を工夫します。

これも上と同じDコードです。3〜1弦を人差し指でセーハし一気に押さえ、あとは薬指で2弦3フレットを押さえます。

この押さえ方をすると中指が空くので、伸ばして6、5弦に触れておくわけです。

Dのコードじゃなくても、このように空いた指で6、5弦または6弦をミュートできる場合も多いので自分なりに工夫してみましょう!




3. 両手のミュートを組み合わせる

上記で説明した方法だと、右手だけのミュートや左手だけのミュート。片方の手だけのミュートでは対処しきれない場面もあります。

そんな時は両手のミュートを組み合わせて、余分な弦に触れておき音を出さないようにしましょう!

むしろ、いつも両手を使って過剰なくらいミュートに気をくばっておくくらいの方が良いと僕は考えます。

最初は慣れないと思いますが、大丈夫です!練習を重ねて身に付けば、あまり意識しなくても自動ミュート機能が自分に備わっていきます笑

あとは右手のピッキング技術を磨けば、なお良しです!

僕も精進あるのみです。

 

 

以上、いかがだったでしょうか!

今回は余計な音を出さないためのミュートについてお話ししました。

初心者であってもなるべく早い段階でこのミュートについて意識することで、後々楽ができます。

もし良ければ、今後の練習に取り入れてみて下さい!

 

ではでは、ヒルマンでした!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です