音楽理論は何から学べばいいの?②

どーもども!ヒルマンです。

前回の音楽理論は何から学べばいいの①に引き続き、音楽理論の勉強は何から手をつけるべきかお話ししていこうと思います!

 

前回は『キーについて』やメジャーキーの『音の並び方』について説明しました。

おさらいとなりますが、音の始まり(キー)がCであってもFであっても、Gであっても

ギターなら2フレット、2フレット、1フレット、2フレット、2フレット、2フレット、1フレットという音の並び方をしていましたよね!(下画像参照)

この並び方を別の呼び方で言うと

『メジャースケール』といいます。

おめでとうございます!一個認識したスケール(あるキーに対して使える音)が増えましたね!

それでは、3番目の『ダイアトニックコード』の説明に行きたいと思います。




3.ダイアトニックコードを理解する。

まず、こちらを説明していく上でキーはCと仮定してお話ししていきます。

なので、使える音は「ド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ」=「C,D,E,F,G,A,B」ですよね。

 

ダイアトニックコードとは、上に示した7つの音(メジャースケール)を組み合わせて出来た7つのコードのことを指します。

 

ちなみに余談ですが、皆さんはコードで「C」とか「Cm7」とか、「C7」とかCの後に「m7」や「7」というプラスαの文字が付いているのを見たことはありませんか?

例外はありますが多くの場合、「C」や「Cm」など数字の付いていないコードは3和音(3つの音)で成り立ち、

「C7」や「CM7」、「Cm7」など数字が付くものは4和音(4つの音)で成り立っていることが多いので覚えておきましょう。

もう一つ加えると「C」は明るい響き。「Cm」など小文字の「m」や「min」と付くと暗い響きのコードとなります。

 

Cキーのダイアトニックコード

話を戻します!

Cのキーで使える7つの音で組み合わされたコードは以下。

コード名 構成音
C C,E,G(ド、ミ、ソ)
Dm D,F,A(レ、ファ、ラ)
Em E,G,B(ミ、ソ、シ)
F F,A,C(ファ、ラ、ド)
G G,B,D(ソ、シ、レ)
Am A,C,E(ラ、ド、ミ)
Bm−5(※Bm7−5) B,D,F(シ、レ、ファ)※B,D,F,A(シ、レ、ファ、ラ)

このようになります!

ちゃんと7つの音が組み合わされているでしょう?

ここでもダイアトニックコードには法則がありますよ!

1、4、5番目のコードは明るい響きのメジャーコード(小文字の「m」が付かない)。

2、3、6、7番目は後ろに小文字の「m」が付いているので、暗い響きのマイナーコードとなります。

※7番目のコードはちと特殊で不協和音感がある(濁りが強い)コードになっています。今はこんな「m7−5」なんてのがあるんだなぁ、くらいに思っておいてください。

こちらは法則なので、キーを例えばFに移したとしても

F、Gm、Am、B♭、C、Dm、Em7−5というように上で示した条件が当てはまります。

どうですか?面白いでしょ!




ダイアトニック以外のコード

多くの曲はこの7つのコードを並べた進行で成り立っています。

(もっと言うと、7つ目の「m7−5」の出現率は比較的低いです)

皆さんも好きなアーティストの曲のコード譜を見てみてください。

大抵、これらの6つ、7つのコードで進行していることが多いはずです。

 

ん?「ミスチルや宇多田ヒカルとかのコードを見たらそれ以外のコードが出てきた」だって?

そうなんです!数々のヒットを生み出すアーティストは上記7つのコードの法則に当てはまらないコードを入れてくることも割とあります。

それがノンダイアトニックコード(ダイアトニック以外のコード)と呼ばれるコードなんです。

 

皆さんはC→E7→Am7→Fというコード進行があった時にどれがノンダイアトニックコードかわかりますか??

そう、E7ですね!

こういったノンダイアトニックコードを入れることによって良い意味で曲に違和感を与え、色彩感を増やしているんですね。

現時点では、どれがダイアトニックコードでどれがノンダイアトニックコードか判別できればOKです!

ノンダイアトニックコードに関してはまた別の機会で説明していきたいと思います。

 

 

 

それでは2回に渡って説明してきた

  1. 音階の名前やコードの名前をアルファベットで理解する
  2. キーを理解する
  3. ダイアトニックコードを理解する

理解できたでしょうか?

まだ最初のうちは完璧に理解できなくても仕方ありません!

ギターを弾いていくうちに理解が深まることもあるので、もし良かったらまたこの記事に戻ってきてください。

この3つの理論からさらに音楽の世界は広がっていきます!

理論がわかると音楽自体ももっともっと楽しくなってくるので、勉強は嫌だと理論を避けないであげてください笑

 

 

難しい理論の話でしたが、読んでいただいてありがとうございました!

少しでも参考になったなら嬉しいです!

 

では、またお会いしましょう!

ヒルマンでした〜!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です