ペトロールズ 『Fuel』の弾き方/奏法解析(タブ譜あり)

どーも、ヒルマンです!

 

以前に書いた

ペトロールズ 『雨』の奏法解析(タブ譜あり)

アクセス数を見る限り好評のようなので、第二弾として

『Fuel』の弾き方について、タブ譜付きで解説していこうと思います!

ペトロールズの中でもHip-Hopの影響が色濃く出た楽曲となっています。

一応、YoutubeにアップされているLive映像を貼っておきますね!

 

この曲は基本的に左手の動きはそれほど動きがあるわけではないですが、

リズムが非常に大事です!

ここから譜面を見ていただければわかると思いますが、休符が多いので弾かない「間」に意識を置いて演奏することが重要になってきます。

 

では、1コーラス解説いってみましょう!

※ペトロールズではギターは半音下げチューニングとなっておりますのでその点注意してください。

 また、Live映像なども聴いて採譜したので、音源とは違う弾き方にもなっています。

 僕なりの解釈も含んでいるのでご了承ください。




・イントロ

Em9からC#m9ということで、調性感が曖昧(キーを定めにくい)なフレーズとなっています。

ドラムが派手なフィル回しをしているので、C#m9の音を伸ばしている間リズムが乱れないように自分の中でタイムキープをしっかり意識してください。

ちなみに僕はC#m9は中指、薬指、小指を使ってこのように押さえています。

次のAメロで出てくるF#m7とG#m7も同じ押さえ方です。

慣れない人はもちろん、6弦を人差し指で押える形でもOKですよ!

4弦は音が出ないようにミュートしておきましょう。

 

・Aメロ

16小節の間、ほとんど2小節単位の繰り返しです。最後の小節のみ、G#m7が1弦まで鳴らしています。

冒頭でも言いましたが、Aメロは特に休符(休み)が多いです。

焦ってリズムが前のめりになるとカッコ悪くなってしまうので、しっかり「間」を感じましょう。

ほんのちょっとだけリズムは後ろにした方が感じが出ると思います。

 

・Bメロ

BメロはAメロの発展系なのでコード進行はほぼ変わりません。

1弦までコードを鳴らす点とリズムが異なっています。

F#m9は親指で6弦、小指で1弦4フレットを押さえこのようになります。

もし、この画像のように押さえられない場合は低音はベーシストに任せ親指は押さえなくても良いでしょう。

サビに行く前はより強い変化を与えるため、ドミナントモーションとなりG#−9,−13というジャズでも使われるようなコードが出てきます。

人差し指で4弦4フレットを押さえ、後の3本は中指または薬指でバレーし押さえています。

Live映像に習って1音ずつスライドしながら鳴らしてもカッコいいと思います!




・サビ

コード進行はC#m9>F#m9>G#m7>F#m9の順です。

ここで出てくる2拍目の4分休符も重要です。「Hey!」の掛け声と共にしっかり音を切りましょう。

コード自体は3つしか出てきませんが、テンションコードの押さえ方に慣れていない人は最初難しいかもしれません。

ゆっくりなテンポから練習から練習しましょう!

最後は8分のリズムで4つ単音のフレーズを弾いてイントロのフレーズに戻ります。

Live映像を見る限りではこの4音から歪みペダルをOnしていますね!

 

・音作り

Liveではイントロとソロ、ソロ以降で歪みを使いますが、それ以外はチューブアンプの音のようです。

ソロではStrymon Blueskyでチャンネル1で基本の残響を作り、後半にチャンネル2のシマーをOn。

もしくはディレイペダルでエコーなどの残響を作り、後半でBlueskyのシマーをOnだと思います。

ソロ最後の方のボリューム奏法も最高にカッコいいですよね!

いかがだったでしょうか!!

個人的にFuelは異色な楽曲で好きだったため、取り上げさせてもらいました。

少しでも参考になれば嬉しい限りです!

 

ではでは、またお会いしましょう。ヒルマンでした!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です