ギター選びについて

どーも、ヒルマンです!

「どんなギターを買えばいいのかわからない…」

多くの初心者の方が最初にこう思いませんか?

ギターは形も価格もメーカーもたくさんあって迷ってしまいますよね〜。

 

今回はギターをこれから始めたい方がどんな風にギターを選んだらいいか話していきたいと思います!

それでは行ってみましょう!

 

ギター選びの基本ポイント

いきなり脱線しますが、僕は親が大昔ギターをやっていたこともあり、実家に古びたアコギがあったので、中学生当時ベーシストだったんですが時々触っていました。

初めてのエレキギターは同級生の兄ちゃんから5千円で買ったCobranというマイナーメーカーのものでした。

※今調べてみると、Cobranは中信楽器という会社の自社ブランドで日本製のギターだったようです。

 

ぶっちゃけて言うと一番最初のギターは

・壊れている

・奇抜な形過ぎて弾き難い

この2点に当てはまらなければ何でもいいと思います笑

一つ大事なポイントとしては自分が毎日「よーし、弾くぞ!」と練習のモチベーションが上がる1本を選ぶこと。

これぞ!という1本が見つかればある程度高額でもいいですし、憧れのギタリストと同じモデルや似た形を探してみるのもOK!

形から入って何が悪い笑!

自分飽きっぽいんだよな〜、という方は初心者セットみたいな1万円程度で売っているものを買ってみるでもいいと思います。




ギターの種類/形

ここでは一般的に人気があるギターを3種類+α紹介します。

ストラトキャスター

まず、ストラトキャスタータイプ!

ど定番!皆さん何度も見たことあるでしょう!

このストラトタイプでしか出せない独特の音、鈴なりと言われる

高音がキラキラ・コロコロした音が特徴です。

3つのピックアップ(音を拾うマイク)があるため音作りの幅が広く人気があります。

デメリットとしては、人によってボリュームノブが邪魔に感じたり

弦交換が他のギターに比べ、スプリングがあるため調整が必要になることがある点でしょうか。

画像は私ヒルマン所有のFender製ストラトでございます。

SQUIER ( スクワイヤー ) Bullet Strat with Tremolo (BSB) 【ストラトキャスター by フェンダー】【310001532】【C3316 モノグラム・ストラップ プレゼント 】 初心者にもおすすめ エレキギター

価格:19,440円
(2018/10/14 10:18時点)
感想(0件)

テレキャスター

次にテレキャスタータイプ!

こちらも言わずもがな。

ソリッドエレキギター(中が空洞ではない)の歴史で最初期に現れたモデルです。

ストラトタイプと比較するとより金属的な鋭い音が特徴です。

ロックで使われる場面が多いですが、トーンノブを絞ると柔らかな音も出せるため

ジャズやR&BやSOULのジャンルでも使われる万能ギターです。

サドルをモダンなものに換装すればオクターブ調整もある程度カバーできますし

デメリットはノイズが多い傾向があるものの、それほど死角はないように思えます。

こちらの画像も僕所有のFenderテレキャスです。

SQUIER ( スクワイヤー ) Affinity Telecaster (RCR/R)【 テレキャスター by フェンダー】【0370200570】【C3316 モノグラム・ストラップ プレゼント 】 エレキギター

価格:27,000円
(2018/10/14 10:24時点)
感想(0件)

 

レスポール

3番目はレスポールタイプ!

こちらもど定番のギターシェイプですね。

数々のロックステージで活躍しているギターですが、

実はレスポールというジャズギタリストのために作られたモデルでもあります。

上の2つのモデルに比べ、重量があるのとハムバッキングという

ピックアップが搭載されているため太くパワーのある音が特徴です。

所謂ロックのギャーン!っていう歪んだ音はレスポールタイプのギターの方が得意です。

デメリットは重量が重いこととハイフレットが弾きにくいことでしょうか。

でもその弾きにくいハイフレットを平然と弾いているギタリストを見ると

「カッコイイ!」ってなるんですよね笑

画像は以前大先輩からお借りした67年製のGibsonレスポールカスタムです。

Epiphone / Les Paul Studio LT Ebony Black (EB) エピフォン《純正アクセサリーセット進呈 / 811162400》

価格:24,840円
(2018/10/14 10:29時点)
感想(0件)

セミアコースティック

最後に+αとして紹介するのは

セミアコースティックタイプです!

ざっくり説明するとボディの一部が空洞になっているギターをセミアコースティックと言います。

※海外では通じません。セミホロウと言ってくださいね。

対してボディが完全に空洞になっているギターはフルアコースティック(ホロウ)です。

ボディに空洞があるため、音が共鳴、反響した広がりのある音がします。

アンプを通さない生音も大きく部屋弾きでも気持ちがいいです。

また、レスポールなどと比べると太過ぎず細過ぎないバランスの良い音がするのも特徴です。

現在では様々なメーカーから安価でセミアコタイプのギターも出ているので

選択肢に入れるのも一つでしょう。

画像はまたまた僕所有のGibson ES335です。

Epiphone Dot (Cherry)[ETDTCHCH1]【送料無料】

価格:38,977円
(2018/10/14 10:32時点)
感想(0件)

 

僕の経験上と周りのギタリストを見ている限り

続けていれば2本以上欲しくなることでしょう笑!

人間である以上、上手くなっていけば音の好みも変わっていくし

そもそもたくさんのギターを弾かないとどれが自分に合っているかわからないですよね?

そしてそのギターのデメリットを認識し愛することも大切です。

 

なので、迷う気持ちはわかりますがとりあえず最初のギターを手に取り

あなたのギターライフをさあ始めましょう!

 

ではではヒルマンでした。







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です