【理論】テンションコードの考え方〜基本編〜

どーもども、ヒルマンです!

今回は音楽理論のお話です。

いきなりですが、

『テンションコード』

って聞いたことありますか?

 

Wikipediaによると、テンション(tension)とは

精神的な緊張、不安。物理において、張力。

と記載があります。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/テンション

 

じゃあ「テンションコードって何!?」って話で…

コードに何か緊張を与えるとテンションコードになるのか?

弦の張力によってテンションコードになるのか?(これは見るからにないですね笑)

 

では、これからテンションコードとは何か。

基本編ではありますが見ていきましょう!




・ざっくり言うと4和音以上だとテンションがかかっている

コードについて少々の予備知識も必要になってくるので、解説の前によろしければ以前の記事

音楽理論は何から学べばいいの?② を見てみて下さい。

 

そこで僕が書いたのは

「例外はありますが多くの場合、「C」や「Cm」など数字の付いていないコードは3和音(3つの音)で成り立ち、

「C7」や「CM7」、「Cm7」など数字が付くものは4和音(4つの音)で成り立っていることが多いので覚えておきましょう。」

という説明をしていました。

上で書かれている「C7」や「CM7」、「Cm7」…実はテンションコードなんです!

 

つまりテンションコードを簡単に言うと、

コードは基本3和音で成り立っているが、さらに1つ以上(合計4和音以上)加わるとテンションコードと言われます。

C7やCM7はもう既に皆さん弾ける人も多いんじゃないでしょうか?

実際は多くの人がテンションコードを知らず知らずのうちに使っていたんですね〜。

 

ざっくりとですが、ここまでが基本概念となります。

 

・「7」「M7」の違いは?

上の2つ、どれも『7th/セブンス』コードですが微妙な書き方の違いがありますよね?

ここではその違いについて説明していきます。

コードは「C7(シーセブン」「CM7(シーメジャーセブン)」で話をしていきます。

早速、それぞれの構成音を見ていきましょう!

7♭
C7 C(ド) E(ミ) G(ソ) B♭(シ♭)
CM7 C(ド) E(ミ) G(ソ) B(シ)

このような音でそれぞれ成り立っています。

まず、『セブンス』の意味は主音(この場合Cから)数えて7番目の音が加えられているので「7」という数字が付きます。

ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シを数えるとシは7番目ですよね♪

 

しかし、B(シ)にも2種類あるんです!

鍵盤で見てみましょう。

お分かりでしょうか?こんな具合です。

簡単に言うと、

そのコードのベース音(この場合C)から半音下がったところにある音(B)が上に加わればCM7。

ベース音から1音(2鍵盤/2フレット)下がったところにある音(B♭)が上に加わればC7となります。

 

それでは問題です!

Q. GM7とG7では7番目の音がどのように違うか答えなさい。

 

 

上の鍵盤を見ながら考えてOKですよ!

答えは…

GM7G(ソ)から半音(1鍵盤/1フレット)下がったらF#(ファ#)

G7→G(ソ)から1音(2鍵盤/2フレット)下がったらF(ファ)

という違いがありました!

どうですか?理解できたでしょうか?

実際に弾いてみると、個人的な感覚ではありますが

CM7はクールで洗練された響き。

C7は濁り感が増し、泥臭さがある響き。

に思えます。

こうした頭で覚えた理論だけではなく、実際の響きを自分の中で覚える作業も必ずしましょう!

何度も実践していくことによって知識と技術が身についていくので、普段何気なく弾いているコードも「M7はこんな響きで7はこんな響きかー」と意識するだけで後々大きな差になってきますよ!

 

 

 

以上がテンションコード(基本)のお話でした!

とりあえず、コードに入ってる構成音が4つ以上だったらテンションコードということは覚えておきましょう!

少しでも皆さんの理解に繋がれば嬉しいです。

 

ではでは!ヒルマンでした〜!








Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です